HOME>アーカイブ>費用と必要最低限知っておきたいことを学ぼう

どのようなコンセプトでオープンするか

カフェ店員

カフェを開業する場合には、その教育を受けておくことが必要になります。例えば、本で勉強する方法や、セミナーなどに参加して基本的な知識を身に付けておくことが必要になります。実際に本やセミナーから学んだことがそのまま役に立つことも少なくありません。もちろん、必ずしも本屋セミナーで教わったことがそのまま役に立つとも限らない場面もあるでしょう。自分なりに応用して、初めて結果が出ることも少なくありません。そうだとすれば、最初からある程度失敗する事は頭に入れておくことが必要になります。そして、カフェも日本にたくさんあるためこの場合にはコンセプトを明確にすることが必要です。コンセプトが不明確だと、なかなかお客さんが入ってこない可能性が高くなります。例えば、単にコーヒーを出すところではなくリラックスできるようなカフェにしておくと良いでしょう。そのようなコンセプトに決まれば、とにかくリラックスできるものをお店の中にたくさん用意してお客さんを待てば良いだけです。

どれくらいの費用がかかるのかを知ろう

カフェ店員

カフェを開業させるためには、それなりのお金がかかります。基本的に、まず場所代を考えなければいけません。自分で所有している建物を改装する場合ならばリフォーム費用が必要です。もし、テナントを借りる場合には駅前等でない限りは、30平米位の大きさならば初期費用が100万円以内で済むことが多いです。次に、在庫を考える必要がありますが、基本的に物販とは違うため在庫はそこまで必要ありません。それよりも、設備や備品等の方が重要になることが多いです。設備や備品は、軽食も出すことが多いため専門のキッチンを用意しておくことが重要になります。それ以外にも、看板の設置等が必要になるため初期費用だけで500万円位は考えておいた方が良いです。

広告募集中